子育て

卒乳のタイミングはいつ?

卒乳のタイミングはいつ

今日(20190822)は卒乳のタイミングについて書きたいと思います。

次男が1歳5ヶ月ぐらいですが、まだ卒乳していません(卒乳出来ていません)。会社の先輩に相談したら、「私は息子が1歳11カ月頃に卒乳したよ。焦らないで好きなだけ飲ませれば」とアドバイスをいただきました。

そんなに授乳期間が長い人もいるんだなとびっくりした半面、まだ大丈夫だと安心しました。

次男は離乳食も卒業し、現在幼児食なので、栄養補給としての授乳は理論上必要ありません。このごろの授乳はただのスキンシップの手段にすぎません。

ただ授乳期間が長いのもメリットが多いです。

授乳期間が長いのもメリット

1.スキンシップがたくさん取れる

2.必要とされる幸福感

3.寝かせつけが簡単

4.数か月間は生理を忘れることができる

1.抱っこして肌が密着されるので、スキンシップ手段としては最強クラスです。授乳中にわが子が愛しいなと思う時が多い感じがします。

2.この子にとっては自分が唯一無二の存在で、誰も代わることが出来ない。こんなに必要とされることは幸せなことだと思います。

3.寝かせつけが簡単で短時間で済むし、夜泣きにもすぐ対応出来る。

4.授乳中は生理の再開が遅れるので、数か月間は生理痛に悩まされずに済む。(個人差がありますが、私は次男が8か月の頃再開しました)

授乳期間が長いことのデメリットも多いです。

授乳期間が長いことのデメリット

1.いつまでも母離れできない

2.お酒が飲めない

3.母親自身が病気の時に薬が飲めない

4.生理不順になる

1.次男がいつまでも母離れできない。なかなか自分の時間が作れない。

2.お酒が飲めない。普段お酒飲まないので、個人的には問題ありません。

3.母親自身が病気の時に薬が飲めない。これが一番悩みで、風邪や頭痛などの時に飲める市販の薬がほとんど有りませんので、病気になったらひたすら耐えるしかありません。(もちろん耐えられない場合は早めに病院に受診した方がいいです。)

4.授乳中は生理がしても生理不順になる可能性が高い。(2,3か月に1回でかなり乱れています。)

デメリットよりメリットの方が大きいので、もう少し授乳期間を延ばして、授乳を楽しみたいと思います。

長男の時は、あまり母乳を飲んでくれなかったので、月齢3ヶ月ぐらいで卒乳しました。

妊娠中に母乳で育てると子供に良いという母乳神話をいろいろ目にして、母乳で育てたいと思っていましたが、叶えませんでした。

当時は何で飲んでくれないんだ?母乳が足りないのか?味の問題?母乳から免疫力がもらえず病気にならないか?等、悩んだり心配したりしました。授乳の時間が苦痛に思え、泣いたりする時期もありました。

その時友達から、「私も3ヶ月で卒乳した。母乳を無理して飲ます必要はないよ。ミルクで十分だし、母親が楽しく子育てができることが大事。母親が悲しんだり不安になったりするとその気持ちが赤ちゃんに伝わって赤ちゃんの気持ちも不安定になるから。」と話を聞いて、気が楽になりました。

母乳育児に悩んでる方がいらっしゃいましたら、ぜひ自分の気持ちのケアを優先して欲しいと思います。

ABOUT ME
2児のエンジニアママ